繰上返済・返済方法変更について

返済方法変更制度

現在の生活スタイルに合わせて、
ご返済のバランスの見直しができます!

ご家族の暮らしや将来設計をお伺いし、最適なタイプをご案内いたします。

  • case1
  • case2
  • case3
  • case4
  • お手続きの流れ
  • 住宅ローンのご相談は、お近くのちゅうぎんライフプランセンター・住宅ローンセンターまたはちゅうぎんの窓口へ

■下記例示は最終期日まで金利年3.0%が変わらないケースで試算しております。

家計のゆとり資金で、ローンの一部(または全部)を返済したい。
収入の減少などにより、毎月の返済が大変になった。
ボーナスの伸び悩み等により、ボーナス月の返済が負担となっている。転職により、ボーナス月が変更となり、ボーナス返済月を変更したい。
現在の生活に合わせて、毎月の負担とボーナス月の負担を前面的に見直したい。
返済期間延長時のご注意
  • 返済期間の延長により、毎月の返済額は少なくなりますが、総支払額は増加します。
  • 返済期間の延長にともない、各保険会社に対する追加保証料および事務手数料が別途必要となります。

お手続きの流れ

当行の窓口またはお近くのライフプランセンター・住宅ローンセンターへご相談ください。
  • お客さまのお借入れ状況、ご希望条件やタイプについてご相談ください。
  • ご相談内容に応じて、返済方法変更メニューをご説明いたします。
  • 返済方法変更のお手続きに必要となる書類等についてご説明いたします。
  • ご相談に際しての手数料は必要ありません。
返済方法変更のお申込みをしていただきます。
  • 申込書の他に必要書類をご提出いただく場合がございます。
返済方法変更のお申込み内容によっては保証会社所定の審査がございます。
返済方法の変更契約を結びます。

<ご注意>

  • 返済期間の延長をともなう返済方法変更の場合には、お申出の内容にもとづき、適用可能かどうかの判断をいたします。結果によっては、お客さまのご希望に沿えない場合もありますので、あらかじめご了承ください。
  • 返済期間の延長にともない、各保証会社に対する追加保証料および事務手数料が別途必要となります。
  • 返済方法変更の内容によっては、お客さまの総支払額が増えることがございます。ただし、生活に余裕ができた時点で一部繰上返済を実施することにより、総支払額を減らすこともできます。
  • 返済方法変更のお手続きには、当行所定の手数料が必要となります。
住宅ローンのご相談は、お近くのライフプランセンター・住宅ローンセンターまたはちゅうぎんの窓口へ 詳細はこちら

PAGE TOP